hukushi_memo

長文書きたくなった時用

「米とサーカス」で虫喰う話

※この記事では虫などの画像が出てきます※

 

行くキッカケになったのがアニメで蜂の子スナックという単語を見たからで(しかも本編で言及されない)、かなり理由としては弱いのですが、行ってきました。
最近はSDGsという単語も徐々に社会に浸透してきました。17の目標の一つに食糧難の解決がありますが、これのために昆虫食が良いと国連も言っています。
ジビエ料理や昆虫食はこの時点で経験が無いのですが、国連が言うなら食べておくしかないでしょう。社会情勢を汲んでいる意識高い系と言っても過言ではありません。

 

高田馬場にもあるようですが、渋谷の方が近いので渋谷です。高田馬場だと昆虫食の自販機が店の前に置かれているらしいので、そちらにも行ってみたいですね。
前回、予約なしで突撃したら予約でいっぱいで入れないと言われたので、次の週に予約して来たらガラガラでした。

f:id:xxhukushixx:20210711165253j:plain

米とサーカス渋谷店

ネオン基調の外観は怪しさを盛り上げてくれて良いですね。

ここからは実際の料理の画像も出すので、冒頭の通り苦手な方はここまでです。

 

 

 

まずはお通しのスズメの丸焼きです。(お通しですが、食べますか?と聞かれたので任意だと思います。)

f:id:xxhukushixx:20210711165401j:plain

丸ごと行けるとのことで、私は足から行きました。爪が残っていますが、特に舌に引っかかったりすることはありませんでした。味は…足はあまりないかも?
胴体の部分は内臓があるのでレバーの味が、頭の部分は脳みそがあるので、カニみそとかそっち系の味がします。嘴は固いのかなと思いましたが、嘴を食べてる感はなかったので、そんなに固くないです。
普通に美味しいですが、スズメは大きさ的に労力に合わなそうですね。

 

 

 

次はオオグソクムシです。

f:id:xxhukushixx:20210711165451j:plain

こいつも丸ごと行けます。身っぽい部分は、殻と足の間にありますが、少ないので身の部分の味はよくわかりませんでした。
足はチップス感覚で行けます。殻も、触れた感じだとほんとに嚙み砕けるのかと逡巡しますが、普通にポリポリ行けます。甲殻類なので、甲殻類の味がします。海老…よりはカニ寄りかな?
高級なかっぱえびせんくらいのノリで食べられる味ですが、3000円くらいするので軽いノリで食べることができません。

 

 

 

次は肉の盛り合わせセットです。アナグマが無かったため、この日はヌートリアに変更になりました。ヌートリアは、カピバラとネズミを足して2で割ったような生き物です。

f:id:xxhukushixx:20210711165546j:plain

ウサギ、ラクダ、イノシシ、ダチョウ、カンガルー、カモ、シカ、クマ、ワニ、ヌートリアです。日が経ってしまったので覚えている分だけ。
ウサギ…殆ど鶏肉です。先人が1羽2羽と単位を与えたのも納得です。
クマ…固くはないですが、全然嚙み切れません。焼肉屋で焼いた肉すら上手く噛みきれないことがある顎の弱い人には本当にオススメできません。
ワニ…見た目通り淡泊な味です。あんまり味がないかも?
ヌートリア…食えるけど気になるなぁ程度の生臭さがあります。進んで食べようとは思わないかも…。
盛り合わせにはありませんでしたが、クジャクやカエルも単品で用意されています。カエルは昔に食べたことがありますが、こちらも鶏のささみっぽい食感・味わいで美味しかったです。

 

 

 

小休止にイナゴ茶漬けを注文。

f:id:xxhukushixx:20210711165652j:plain

ほんのり甘辛いような、味はあるけどどう形容すべきか、イナゴっぽいで良いのか? イナゴは佃煮もあるしポピュラーな食材なので普通に美味いです。取れた足が浮いたり歯に引っかかったりするのは少し気になります。
肉や魚を朝ごはんに食べるのはちょっと苦しいので、そちらの代用にイナゴを使うとタンパク質を摂取できてお得かも? まあ、今はまだこっちの方が用意するのめんどいと思いますが…。

 

 

 

ノーマル枠なクジラのベーコン。

f:id:xxhukushixx:20210711165725j:plain

刺身などの魚介系の歯ざわりなのに、肉の味と若干コリコリした歯ごたえがあります。見た目と味のイメージがズレるので若干混乱します。(虫の味は想像が特にないので、イメージがズレることはありません。)
まあでもベーコンとあるし、肉っぽいのは当たり前か、クジラは哺乳類ですし。他にもクジラのカレー南蛮がありましたが、カレーの味しかしないことを危惧して初手で手を付けるのは辞めました。
両親、或いは祖父母の世代であれば、クジラは給食に出てきたので一般的な食材だったと思います。IWCの加入時期と関係あるのかな? 数年前に脱退したと思うので、また流通は増えるのでしょうか。

 

 

 

次は昆虫の盛り合わせセットです。

f:id:xxhukushixx:20210711165803j:plain

イナゴ…お茶漬けで食ったものと大体同じです、美味いです。今のとこ昆虫食で常食するならコイツが有力候補かなと思います。コオロギとかも同系列だろうし。
カイコ…表面は甘くコーティングされていますが、中身はボソボソしていてちょっと苦いです。宇宙で農業する際の有力候補ですが、好んでは食べないかな。
ハチノコ…甘露煮の味しかしませんでした。保存食にしようとするとこうなるのは致し方なし。
ゲンゴロウ…丸ごと行けるらしいですが、ほんとに?と思って分解してしまいました。羽を収納する甲羅っぽいところは生きてる時と同様にツルツルしています。美味しくはないです。
バンブーワーム…ほんのりクリーミーな味わいで美味しいです。3時のおやつにお母さんが持ってきても違和感ないでしょう。舌に乗せた時にたくさんの足を感じるのが少し気になります。カミキリムシの幼虫も美味いと聞くので、幼虫系は当たりかも?
タガメ…羽を開き、お腹をハサミで切って中身をほじくって食います。中身は魚のほぐし身的なのがちょっとだけ入ってます。労力に合わなすぎです。また強烈に甘いフェロモンのような、洋ナシ系の匂いがします。少し触っただけで手に付きます。味は美味しくないです。

 

タガメゲンゴロウのような甲虫的なやつは軒並みあまり美味しくなかったですね。カブトムシとかはどうなんでしょうか。

 

 

 

最後は鹿のロコモコ丼です。
普通過ぎて、写真を撮り忘れていました。鹿肉のハンバーグは、通常のものよりやや硬く感じましたが、味に違和感も特別性もあまり感じませんでした。
そういえば、どの食事も箸を付けるまでに躊躇いはありませんでしたが、唯一、鹿のロコモコ丼についてきたスライストマトは心理的拒否反応が強かったです。トマト嫌いなので…残さず食べましたが。

 

注文したのはここまでです。
他にも、カラス(要予約)、ヤモリ、ホヤ、その他お酒の数々に手を付けませんでしたが、流石に一度では食べきれませんでした。珍しいものは結構な値段しますし、お酒は飲めませんし。

 

総評:
どちらかといえば少量でお楽しみ、な要素が強いので、この店で食べただけだと昆虫食コスパ悪いな、とはなります。まあ、一般的でないものは流通も少ないので、まだ値段が高いのは仕方ありません。
イケるかイケないか? で言えばイケます。普通に美味しいと感じるもの、ほとんどないだろうなと思っていましたが、半分くらいは良かったです。
流石にその辺の虫を取って来て食う行動力はまだ生まれてませんが、関連商品は探して試したいなと思っています。自販機とか缶詰とかね。

 

ウマ娘2期 第2話 感想

前回に引き続いて感想を殴り書きする。パブリックな場所に載せるような文章には相変わらずなっていないが、たまにはちゃんとアニメを味わおうという目的があるので、一旦はこのまま載せていく。

 

-----

 

骨折のシーン
1話でかなり深刻な感じで幕引きしたものの、思っていたよりもコミカルに描かれている。
注射の手際が鮮やかすぎる、やだやだやだやだの場面では確かにちゃんとズボン履いてるのに刺す瞬間には捲られている…。

 

ここで1話では流れなかったOP。アプリでは負け確BGMとして一定の評がある。
ハヤヒデがなんかめちゃめちゃボスっぽい感じで出てくるけど、BNWの話はアプリにあるからあんまり関わらなそう。
オープニングはこれからも何度か見ることになるので、さらっと流します。

 

菊花賞には出たいテイオー。
三冠が掛かってるが、競馬史(浅学)を見ても無理して走って良かった試しがないので、ここは大人しくしてもらいたいところ。
でも一生に一度しか参加権がないことを考慮すると…テイオーの心情を理解できないわけではない。ただ、それでもやはり本番まで治療優先しか手立てはないだろう。
背景には消毒必須やインフルエンザ予防などの張り紙が。コロナが流行ってなくても、インフルエンザが流行っているならマスクも必須になっていそう。
と思ったが、ビフォーコロナの時代は別に何でもないときにマスクを付けたりはしなかったな…冬ならまだしも。感覚がマヒしていく。
トレーナーとテイオーを正面にしてアップしたシーンの背景、座っている女性の絵画が額縁に飾られているが、これは…?
病院て一見関係なさそうな絵画を壁にかけていたりするのだろうか、院長とかならもっとカメラ目線で白衣を着ていそうなので、病院関係者ではなさそうだ。
一般的な病院の様子をあまり思い描けない。もっと学生時代に致命的な怪我を負って入院すべきだった。残念ながら、指を骨折したり、肉をえぐって大量出血したことくらいしかない。
まあ、例えそうだとしても、その状態で院内のデザインや環境に注視できるような眼鏡が掛かっていないので、記憶に残らないか。
病院を嫌がるテイオー。ウマ娘は殆どがスポーツマンだし、病院のお世話になること多そうだな。私も出てくる飯あんまり多くなさそうだし、入院嫌いかも。

 

テイオー骨折速報。
キタサト二人で渋谷にお出かけしてるの? 陽キャがすぎるぜ。ダービーで髪を切られていた女性がまた同じ美容室を利用している。ここテレビ撤去しな?
チームスピカの面々。みんな耳が垂れててかわいい。スペちゃんは多分毎話どこかで必ず人参を握っているんだろうな。
てかここ何の部屋なんだろうか? テレビが設置されていて、6人向きで…テレビがあるから図書館ではない、食堂とは描写が違う、スピカの部室でもない。
多目的ルームにしてはテーブルだらけでかなり大きな部屋に見えるが…。今後どこかで描写される施設かもしれない。
トレーナーが骨折に効きそうな本を大量購入。どれもあーあるわ、な表紙をしていてフフってなる。
動作解析は加速のアイコンだ! ただ、human moment...とあるのでウマ娘向きの書ではなさそうに見える。ウマ娘向きの本は…いや、売れないこともないと思うけどなぁ。
多くの人間に無関係の本だったとして、それなら動物の解体書とかも売れないし、部数は出ないかもだけど…。まあ運動能力以外ほとんど人間と変わらないのかもしれない。
いや、そうはならなくないか? 爆発的な脚力に普通の人間の足で耐えられるのか?
よく見たらカーテンの留め具が人参でおしゃれ。何となく校長室的な印象のあるトレーナーの部屋? かなり広いんじゃないだろうか、各トレーナーに用意されているとしたら…。
おいおい、買ってきた本いきなり真ん中から読もうとしなさんな。まずは目次よ。

 

テイオー退院。
今気づいたけどこのプレハブ小屋っぽいのはスピカの部室だったのね。スペちゃんの使ってるダンベルはすぐ軽くなりそうだなぁ。
トレーナーの筆跡付きの紙束が登場。こんだけの紙を留めるだけあってダブルクリップがデカすぎる。てかパソコンあったじゃん、印刷しなかったの?
テイオーが諦めない限り支え続ける…医者からは止められ、本人からはやると言われ、ここで担当ウマ娘側に寄り添えるのがトレーナーやね。
ゴルシのなんでもする宣言。ん? とはいえゴルシにできないことは特になさそう。気分が乗れば。
スペちゃんも鳴らないマラカスを振りながら応援する。ではライブでずっこけるのも(末脚)、指をつんつんするのも(栄養補給)辞めていただければなと。

 

早速練習スタート。
会長はグラスとかが居る…おハナさん? のチームなのかな? 或いは練習に混ざっているだけか。
会長室広いな…一部屋に観葉(?)植物3個も置いてあるやん、見えない場所にあと2個くらいありそう。あ! その掛け軸は☆3確定の激熱演出では。
グラスと会長の会話内容からして、一期か未出典の昔話かは分からないが、グラスが似たような状況下にあったことを匂わせている。
ヒシアマ姐さんの看板を前にレース練習スタート。やっぱこのスタートダッシュの瞬間みたいなぬるぬるしている3Dに似た描画すごい気になる、単純にFPSが高いだけなのか?
スペが人参でゴルシがルービックキューブなら、他のウマ娘は何を握って走るのだろうか。テイオーははちみつドリンクだろうな、背後にぶちまければ差しと追込みはゲームオーバー。
マックはメガホンかな? マーカーコーンみたいな素材の、叩くと軽い音がして奇麗に弾かれる感じのアレ。或いは風船とか? 野球見たこと殆どないので、応援する人は何を持っているんだろう。
ダスカとウオッカはあんまりモノに対するイメージがないなぁ…。ウオッカはバイクのハンドルを両手で持って走ってたらおもろいな。いつもここからの突っ込み暴走族的な感じで。
マックに声を掛けられるイメトレ中のテイオー。ちゃんと誰かに呼びかけられたりしたときに耳が反応するの可愛くて良いし、細かな拘りが見えてGood。
テイオーダンベル何Kg持てる? 何気にこういう紙袋って自前で用意するのちょっと大変じゃないの、ダイソーとかに普通に売ってるのかな? 誰かにダンベル渡す機会が来るかもしれないし、ちょっと調べてみようか。
ダスカからは…これ何、鼻毛とか抜くブラジリアンワックスの棒? あるいはゴルシに騙されて割り箸を育ててる?
ゴルシちゃん号これターフ走れるんか? 宝塚記念のCM(実写のやつ)を見たときに知ったけど、寝転ぶと身体を大体隠しきれる程度には背の高い草だったはず。確実に絡まって動けなくなりそう。なってた。
スペちゃんからは大胆にも夜這い宣言。耳がぴょこぴょこしている。

 

スペちゃんの夜這いではなかったシーン。
相変わらず通話を切るボタンデカくね? いや、ここで今更思い至ったけど、人間が使う受話器だとウマ娘は耳が届かないから、ウマ娘用の受話器を表しているのかな、実物が出てないけど。
よく迷子になる人のためにリリースされたアプリでは、コンパスの針を魚に変更するオプションを課金で設定できたけど、同じく電源を切るボタンをウマ娘用の受話器に変更するモードがあるのかもしれない。ウマ娘推奨の通話アプリってわけじゃないだろうし。(ニーズを考えても。)
スズカの部屋のカーテンはスズカの髪色に寄せている。トップガンスヤスヤでワロタ。もしかしてトップガン一生寝てるんじゃないだろうか、オープニングにも居なかったような? 覚えてないので後で見る。
スズカそれ以上痩せたら針金になっちゃうよ、と思っていたところでスズカの部屋が描写される。こんっなアメリカンな掛布団ある? 食は慣れてない言うてたけど、めちゃめちゃ馴染んでるじゃん。これはこっそりクラブに出入りしてますわ。
あとさっき触れた受話器が早速登場した。やっぱりウマ娘用の受話器だったが…それはそれとして、スマホがあるのにまだダイヤル式なの? いやでも、ウマ娘用のピポパポする固定電話は規格外になってしまうから、チンッてする固定電話の方がマイナーチェンジしやすいのかもな。
スマホの通話切断マークはウマ娘ファーストなのに、固定電話でギャップあるのウケる。まあシステムとモノは少し勝手が異なるか。
そういえばスズカはアメリカにいるからスペちゃん今は一人部屋なのかな。まあ人参置く場所増えるのでちょうど良いかもしれんね。
ゴルシちゃん号邪魔そ~~~。トップガンの寝相が悪すぎる。暑いのかな、そういえばこの部屋クーラー描写されてたっけ? 1話のも改めて確認しようか。

 

テイオーはスズカに勧められて賢さトレーニングを開始。
最近はどのステも捨てられなくなってきたので、賢さも450~欲しいしね。欲を言えば600届かせたいのでちょうど良いかも。骨折は保健室かたずなでは治らないのかい?
ターフのすべてを教えます、何となく光文社っぽいタイトル。全レースデータ攻略ブック欲しいなぁ、各レース場の坂の具合とか、有効スキルとか載ってるやつ…紙で欲しいわ紙で。
京都の外回りのレースで3コーナー手前から仕掛けるのがダメなのは何の元ネタだろう? 思ったよりも長くて息切れするから? アプリだとスパートは最終コーナー手前の直線から始まるよね。
チームカノープスの描写。このトレーナーはまだ名前出てきてないよな。木曽川特別、ジュライステークス、高千遇特別…てあったっけ? オープン戦とかだと流石に覚えてないな、GIIIまでには無かったと思う。
ツインターボ菊花賞に出たがっているがそもそも出られるのだろうか? 勝敗関係なく、何歳限定というイメージだった。てかいつの間にかネイチャ足治ってる? 良かったねぇ。
あと小倉って"こくら"だったのね、"おぐら"って読んでたわ、文章主体で遊んでいるとこういうことが起こってしまう。
ネイチャはテイオーが菊花賞に出るという理由で菊花賞に出ようとしているけど、この段階でテイオーに対するネイチャの描写あったかな? 同期でキラキラしてるイメージを持っているのは知っているが…。
松葉杖を両方手放しても意外と何とかなってしまうテイオー。ワケワカンナイヨー!

 

アイキャッチ。身体を丸めてるとちょっと幼く見えるな。

 

主治医パワー(?)でギプスの外れたテイオー。そして結局ゴルシちゃん号は部屋に置くと邪魔なので返品。想いを力にしてリハビリを継続中…。
食堂で一人で食っているテイオーにネイチャが合流。オグリはずっとここで暮らしてそうだ。イクノはここで加入だったのか。最初から居るメンバーってネイチャと…ネイチャだけ? カノープスって最近発足された?
眼鏡をかける耳がないので、眼鏡は浮いている。奥で食っているのはスペちゃんとグラスか? と思ったが、スペちゃんにしてはご飯の量が少なすぎるので、きっと別人だろう。いやでも太り気味になってるからグラスに怒られて減量中なのかも。
ここでさっき気になっていたテイオーと戦いたい理由を語るネイチャ。この辺はウマ箱1の小説の中でもっと詳しく心情について語られているのかもしれないな。ネイチャは本当に小説の一人称に向いていると思う。
イクノはレース経験について延々と語っているが、確かにレースに出ないとスキルポイントが余りもらえないので、出場回数を増やすのは大事。個人的には3年間で20~25戦出たい。(URAを含む。)

 

テイオーのターフでのトレーニング。
ヒシアマ看板はこれ常設してるのね。左足の違和感がまだ拭えない様子、この辺で気付いたけど、足音が結構重みを感じて良いな。

 

スペシャルドリンク開発中。
さらっと蜘蛛が乗っかっているが、スピカの面々は虫は平気なタイプなのかな。タンホイザが蜘蛛食ってえらいことになっているので、それを混ぜるのはナシにしような…。
ところで食べられる蜘蛛の缶詰があるが、あれはそのまま食べられるのか、調理が必要なのだろうか。缶詰開けて普段見る蜘蛛そのまま入ってるの、食って大丈夫なのか大変不安になる。

 

主治医からの診断によると、やはりテイオーが菊花賞に出るのは難しい様子。
ここで新しい店、キッチンおにぎりを観測。確か秋葉原でおにぎり専門店を見た気がするなぁ、GABAのおにぎり的な名前だったような…入ったことがないのでしっかりと覚えてはいない。
別に秋葉原じゃなくても探せばありそうなので、一度くらい行ってみようかな。やはり行ったことない、やったことないことについて語るととにかく浅っさい内容になってしまうから。月並み無味。
イクノとネイチャが走っているシーン、この明るさと距離が影響して、何度見ても茶色い毛の、我々が知っている方の馬に酷似している。通常速度で何度見てもやっぱり馬に見える。この演出? すごいなぁ。
アプリ側で遠目に見えると馬が走っているように見える、という話が上がっていて、残念ながら私には普通にウマ娘としか認識できなかったのだけど、これは本当に馬に見える。

 

光が漏れるトレーナー室。
廊下広くね? トレセン学園くらい上位だとこんなものなのか、学生時代に通っていた一般の平凡な高校も、大学も、人が3人並んで歩くと誰かが壁に肩を擦る羽目になっていたものだが。
トレーナー室やっぱり一人で使うにはかなり広い様子。しかも誰かと共用というわけでもなさそうな間取り、というか家具の配置だし…。やっぱトレセン学園ってすげー。
バランスボールはまだ分かるが、その状態の栄養ドリンクはどうしたんだ、地震でも起きたのか、飲んだやつかたっぱしから床に放り投げてたらまきびしトラップで部屋から出れなくなってしまうぞ。
テイオーが菊花賞出走を諦めることを伝える。テイオーの決断は…本気で向き合ってくれているトレーナーとの約束もあるけど、本気で走れない状態では戦えない、というのは、単純に相手に失礼だから、という想いが強いと考えている。
ネイチャの夢の話もある。ネイチャが勝ちたいテイオーは、本調子じゃないテイオーへの運勝ちではないはずだ。というのを、テイオーは理解している。
自分の今後のことは二の次だろうと思う。今後自分の足が悪化する、的な発言はしていなかった。もし、本調子で走れるけど、走った後は二度と走れないかもしれない。という条件なら、きっとテイオーは菊花賞に出てたと思う。
ここが未出場になることで、憧れのルドルフと同じ道をたどることはできなくなる。彼女へ誓った三冠ウマ娘になる、という目標を達成することもできない。
多くの、多すぎる理由があって、それを全て認知しているはずで。悔しいのは当然だけど、テイオーはここで明るく振舞う子なのだ。当然トレーナーもそれを理解していて、テイオーと一緒に悔しがり、自責する。

 

京都レース場。
トレセン学園は多分東京の方にあるんだよな、具体的にどの辺って話は出てたっけ? いや、キタサトが渋谷に居るんだから、少なくとも東京寄りだよな。だから東京レース場のダービーは、チームメンバーも見に来てくれたんだろうし。
競馬場の屋台メニューを奢るトレーナー。競馬場も一回行ってみたいな、屋台飯が美味いと聞くし、馬券も100円から買えるから大金賭けてギャンブル、なんてしなくても楽しめるし。
コロナ禍以前にウマ娘にハマってたら絶対行っただろうな、今は確か予約制だよね。普通に入場できる環境になったら確実に一度は現地で楽しみたい。にんじん焼きはウマ娘以外にはまあまあニッチそうだが、売れているのだろうか。トウモロコシじゃああるまいし…。
会長もしかしてG1レースは全部見に行ってるのかな、毎週毎週忙しそうだ。
18頭立てのレース開始前。ネイチャの勝負服は見慣れているので、ちょっと探せばすぐ見つかる。ちゃんと18人居るので、テイオーが出てたら誰かしらと交代になるんだろうけど、ここは獲得賞金…もとい戦績順かな。
相変わらずちょっと棒気味な実況の女性が隣に座る。リオナタール2着…、全然覚えてないな。ダービーのモブウマ娘は、確かハートマークのメッシュ?があったシガーブレイドだけ覚えてるんだけど。
レース開幕のファンファーレとともに、テイオーがようやく自分の置かれている状況を正確に認知する。ずっと前から怪我していたけど、その怪我に気付いて初めて痛みが襲ってくるような感じか。
どこか現実味がなくて、自分の目指していた場所にはまだ梯子が掛かっている。その幻を信じて、いや、嘘だと知っているけど、輪郭をなぞれたから、どこかそのぬくもりに心地よさを覚えて。でもそれが確かにもう存在しないと、夢から引き戻す目覚まし時計のように。
またしてもトレセン学園の何の部屋か分からない場所で中継を見るチームスピカ。何となく、ゴルシかウオッカは椅子を反対にして背もたれに腕を乗せてテレビとか見るイメージを持っているけど、大事なレースだから真剣に見るか。
キタちゃん…なんでたまたま街頭テレビでレースしているのを見かけたクール系でちょっとミステリアスな匂わせライバルポジみたいなポーズなの?

 

ウマ娘みんな耳から反応して体が動くのほんと良い、ほんとこれ好き。
イメージトレーニングでは他を抜いて圧勝するテイオー。しかしそこにテイオーは居ない…。
いや…テイオーは走っていた。菊花賞に出場したすべてのウマ娘が、幻影のテイオーに追いつくために走っていた。最初は全員がそういう想いで走っていると思ってなかったので、この叫ぶシーンは良かった。
ネイチャは固有が発動しなかったのが痛いね、3位まで上がれてたらかなりワンチャンあったかも。
それにしても、ネイチャはやっぱり熱いキャラなんだよね、スターでないことを自覚して、一歩引いて舞台の袖から俯瞰しようとするけど、普通に主人公張れる力と魅力を持っているよな。陽キャになりきれない陰キャを装う陽キャ
トレーナー…チョコバナナ溶けてんじゃね?

 

帰りの新幹線。
ここで気付いたけど、トレーナーは京都来る前はずっとメロン味の飴舐めてたけど、ここではソーダ味になっているな。もしかしたら1話のときも違う味の飴舐めてたかも。目が節穴なのでよく見ていなかった。
初めてのエンディングが流れて終了。
よし、1話を見る時よりも2時間くらい短い時間で見ることができた。順調。
ところでウマ箱だと次回予告は無いのだろうか、多分リアルタイムというか地上波だとあるよね? そっちも入れて欲しかった、なかったらすまん。
と思って確認したら、すぺしゃるっ!の項目に予告が入っていた。…第一話の予告はどこで流れたんだろう?
第3話は出会い…新しくテイオーと絡むキャラが出るのかな? でもなんかマックとテイオーの話っぽいけどなぁ。

 

ということで2話の殴り書きはここまで。1話の感想に書いてなかったけど、そのうちまともに読める形になるまで清書をする予定。
たくさんの人に見て欲しいという想いはないけど、一応誰かに見られる場所に書いておくことで、ちゃんと全部アニメを見ようというモチベーションに繋がるのを一番の目的としているので。
後から見返すと、リアルタイムな反応をそのまま綴っているから、言ってる意味が分からないところも多々あるしなぁ。

 

終わり。

ウマ娘2期 第1話 感想

まだ一期を見てないが、ウマ箱は発売したし届いてしまったので、実に10年ぶりにアニメを見るのであった。最後に見たのは多分けいおんとかです。
アプリから入ったので、多少前提知識があります。とりあえず初見の殴り書き。

--

世界観を語るシーン。ゲームでは夜景をバックにしたウマ娘銅像と一緒に語っていた気がする。
壁画というとエジプト、ないしピラミッドを彷彿させる。(一般人なので。)いずれにしても壁画で残っている時点で、太古より存在することを示唆している。確かウマ娘の世界にはこちら側の世界でいう馬が居ないと聞いた気がする。
瞳を示しているのが3人だから、三女神の像と同じで始祖を示しているのか、と思ったけどウマ娘なのは真ん中だけだった。
ピラミッド建造に際して、ピラミッドを構築する石材?も、ウマ娘なら一人一つずつ運べるので、重宝されるどころか、ウマ娘以外お断りになってそうだ。
重労働ではあったものの、確か労働者には酒や食料が支給され、まあまあ生活するのに困らない公共事業の扱いだったはずなので、男たちは代わりに狩猟や農作業などの持久力が必要な仕事を担当していたかもしれない。
というか、そういう背景があると社会的には男性より女性の方が強くなっていそうだが…? いざとなったら一撃で相手を粉砕できる力を持つことは、絶対な自信に繋がるはず。いや、でもマッチョも病むからそうでもないのか。
あのバクシンオーですらちょっとナイーブ(ナイーブに繊細という意味はないので誤用であるが、ニュアンスは伝わると思うのでそう使用する。)になっていたところがあるし、メンタルの強度は生物皆同じよね。
ウマが主流となっていた戦争――馬が主流の戦争だと戦と言った方がそれっぽいか。護衛も軍隊もウマ娘を中心にした方が限りなく強いと思われるが、そもそもウマ娘が可愛いのでこの世界は戦争とか起きませんでした、とかのが平和で良いんじゃないでしょうか。
傾国の美女は希少性から傾国要素が付与されるわけで、傾国の美女が大量に居たらシーソーも地面と並行で安泰というわけ。は、桐生院の1人シーソーはこれを指していたわけね。
ま、100点の中に120点が居るから、結局傾くんですけどね。

 

ところで別世界の名前を受け継いで、という設定はナレーションのたづなさん以外に(たづなさんが神みたいになってしまうが)知っているものなのか。
成績の悪いウマ娘に対し、あいつは魂がしょぼいんだよな、とか外野から飛んで来たら首吊りものですよ。ただ、人によっては周囲と比較して劣っていることへの保険というか慰みものというか、理由、言い訳として使えそうで。
私が成績の悪いウマ娘だったら、魂を言い訳にしてしょうもないトレセンに入って(失礼)、しょうもない成績で青春を終えて、普通の会社に就職するんだろうな。
ところでウマ娘の名前はハンコにするの大変だろう。私の入っている会社(私とは、ウマ娘ではない私のこと。)にも外国人が入社しているが、めちゃめちゃ文字の潰れた長い名前のハンコを作らされていた。テレワーク推進環境でいよいよ、そのハンコを押す機会も減りましたが。

 

東京レース場でシンボリルドルフが走るシーン、というか、トウカイテイオーの目的・目標が示される場面か。
ここで初めてアニメウマ娘のレースシーンを見ることに。まあ1期見てないと頭に書いてるのでそりゃそうなんだが、思ってたより早い。まあ、今回はルドルフ以外を描写する必要がないからか。
2冠を達成したと実況があるので日本ダービーか、ルドルフの史実はあんまり調べてないのと、ゲームのストーリーも最近引いたのでお話を読めていない。タキオン以外そもそもまだ読んでないのだが…。
会長は汝皇帝の何とかを発動して勝利。唯一抜きんでてうんたらかんたらピース。私もこれをジェミニ杯で見せて欲しかったよ…。ちょっと口がωっぽくなってて、威厳が小さくほころんでいるのが可愛い。(失敗率5%)
幼女テイオーは保護者と一緒に来たわけではないのかな、僕っ娘はとても希少性が高いので親御さんはもう少し心配してあげて欲しい。といっても、ウマ娘を誘拐しようったって、この時点で力は成人男性に勝ってるのかな。
うっかり普通の人間殺害できるので、教育というかしつけは特に慎重にならなくては。ガラスのショーケース前でダダをこねられた日には震度7ですよ。

 

会長の記者会見シーン。フラッシュ炊いて良いんすかね? エアグルーヴがそれで調子悪くなったのが原作にあったような、まあ会長だから大丈夫か。目くらましとかいうデバフが追込み用のデバフにあった気がするが、エアグルーヴがやたら追込みへのヘイトが高いスキル構成なのは…。
マルゼンお…ねえさんが出走できていないようなので、ここは原作と同じく出場権がなかったのかな。外国生まれの扱いなのかもしれない。マルゼンはダービー、つまりタウラス杯ではかなり強かったので、確かにマルゼンが出ていたら会長も負けていたかもしれない。
私のゴルシもハナ差でマルゼンに追いつけなくて2位でしたからね、ほんと、はぁ。
てかマルゼン横から出てきたけど、この会見会場、舞台みたいになってるわけでじゃなくて、箱型の部屋なのね。マルゼンずっと隅っこで記者に見える場所で待機してたのかな。草。
関係者以外入れない場所にさらっと押しかけてくるテイオー。記者陣はこらこらと怒るものの、足元をうろちょろする身長のウマ娘に逆らったら車いす生活を余儀なくされるので、みんな本気で追い出そうとはしない。
会長に目標を宣言するテイオー。だが、もう少し固有スキルの発動条件を緩いものにするのが先決だ。別衣装になってもあんまり…。
才能と努力と運が大事とマルゼンスキー。もうチャンミで骨身に染みています。一発勝負がメインの界隈では、競馬に限らずすべてにおいてこれなんですわ。
私の学生時代も…。
おっと、ひねり出そうとしたけど、しょうもない青春時代だったのでそんな熱いシチュエーションはありませんでした。

 

テイオーのお着換えシーン。
マックが春天で圧勝、ライアンも映っている。ウマ娘生放送で聞いたことがあるので、口ずさんでいるのが恋はダービーであることも分かる。
ウマ娘の存在しない終わってる世界(現実のこと)ではテイオーのキャラソンとして扱われているけど、ウマ娘の世界では別の人が歌っているのだろうか、テイオーは歌手じゃないしな、CMソング、或いはタイアップ曲なのかも。
歌手のウマ娘はまだ出てない気がするけど…いや、全員歌って踊れるんだから全員歌手ですわ。なんならアイドルなんですわ。普通にウマ娘が歌ってそうだな。
音痴の子とかめちゃめちゃ困ってそうだけど、ウマ娘が容姿端麗で生まれてくるのに伴って、みんな音感はあるのかも。ピラミッドを作っていた頃のウマ娘まで走って歌って踊れたかは定かではないものの。
ところでこの相部屋システムめちゃめちゃ天才だよなと、アプリから入ってしばらくしてから思った。というかよく読んでなかったので相部屋であることにしばらく気付かなかった。私が設定考えたらとりあえず一人部屋にしちゃうし。
待てよ、もしかしたら学生寮って普通は一人部屋にはならないのか? どれとは全く特定できないが再生できる脳内映像のうち、二段ベッドが複数ある部屋に寝泊まりする学生のイメージが浮かぶ。私の人生経験の浅さが滲んでいるので、ウマ娘でシミ抜きをした。
相部屋の組み合わせは、まあそうなるよな、という部屋がある一方で、意外な組み合わせの部屋もある。
元々二次創作とかは苦手で、基本的に一次創作を嗜む勢なのだが、本編では全く関わりのないカップリングをさせて、一体どんな会話をするのかとめちゃめちゃ気になって妄想していたことはある。王道よりそっちが好きだった。
これによって史実に絡みがなかったとしても、関わりを増やしやすい。さっき登場したマルゼンは一人暮らしだが…。たっちゃんをトレセンの駐車場に止めてたら怒られるらしいし、怒られるのも道理だし、仕方ないね。
車より恐らくウマ娘の方が瞬間速度は速いと思うのが、ウマ娘もウマもそんなに長い間走れないと思うので、その辺は人間と変わりないわな。ウサインボルトだって車に乗るし。
さて、無敗の三冠ウマ娘を目指しているA4の紙が貼りつけられている。グラブルのバレンタインデー/ホワイトデーのキャンペーンでもそうだが、ちゃんとキャラごとに字体を分けていて、かつイメージを崩さない設定がここでも活きている。この現実に有りそうな汚さは解釈一致ですよ。
会長のポスター…勝ち方に一意専心って、絶対に汝を発動させて差し切る…ってコト!? そうはいうけど会長の脚質ってちょっと弄ると変幻自在なんだよな、逃げもできるし…会長でやる意味ないけど。
で、会長のポスターは分かるけど、はちみつドリンクのポスター張ってるのは??? はちみつが好きなのは薄っすら聞いたような気がするけど、好物の商品ポスターを自分の部屋に貼ってるのめちゃめちゃ面白くないか。
友達の家に行っててりやきマックの商品ポスター貼ってあったら、なんで?ってなりません? てりやきすぎてすいませんw
配置のせいで会長がはちみつドリンクに執心してるように見えるのもなおおもろい。この場面めっちゃ笑いました。
机に置かれているのは月刊トゥインクル。チャンミでも特別号として出ていたが、ゲーム本編でも名前出てたっけな、もう少しちゃんと各々のストーリー読もうかなと思う。もう皐月賞は勝ってるのね。
生米だったか、苫小牧だったか、なんとかステークスはもう勝っているのね。チラッとウマ箱に入ってるナイスネイチャ編の小説の冒頭を読んだけど、そこでは生卵ステークスの様子が描かれていた。テイオーはネイチャの目には確かにキラキラしていた。この話ではね。
つかこのトゥインクル号の表紙何? 普通トウカイテイオーがドーン!と映ってるんじゃないの、サポートカードみたいに。雑誌って買わないけど、店頭で見るのは大体主役の一枚絵だよね。
なんで記者が映り込んでんねん、或いはトレセン関係者? トレーナー? これじゃ役員が並んでる会社概要の画像じゃん。
ウマ娘を始めてから世界の色素がまた一つ増えて、職場の近くのローソンにいつも競馬の雑誌が並んでいることに気付いたけど、あれも馬が一匹、或いは馬と騎手の人が一緒に映ってるのしか見ていない。
それと比較すると、背景が外枠埋めちゃってるし、煽り文も少ないし、表紙を飾るセオリーもまたウマ娘界では違うのかもしれない。
まだまだシーンは続いて、テイオーがスカートのファスナーを閉めている。尻尾をあの穴に入れるの大変じゃないか、とゲームやりながら思っていたが、上から乗っける感じで良いのか。
ただ、尻尾を通すところはカバーが付いているとはいえ、ちゃんと根元を抑えて中に入れないと、やっぱりファスナーに毛が絡まって痛い思いをしてそうだな。ウマ娘用の衣服の改善が待たれます。
あれ、てかウマ娘って地味な人間と比較して人口どれくらいなんだ、この服はオーダーメイドになるのか、普通の洋服屋(なんかもっとおしゃんな言い方があったような)で並んでいるものなのか。
人間がうっかりウマ娘用の服を買ってしまってケツ丸出しになって返品…てなことが起きていそうだ。そんなん間違えんやろ、と多くの常識人なら思うが、そうはならないのが、接客業の経験があると分かる。
ところでなんでテレビの時刻が8:10なんすかね…あっふーん。8:10の表示で消す→例の要素がないことを弁明しているわけね。でもやつら嘘つきだからなぁ。
ここで部屋の全容?がちょっと見える。窓多いな、と思ったけど、アプリの汎用背景でもちゃんとベッドの上に窓あったね。
窓の下にはあの日の写真…記者が撮ったものだと思うけど、新聞の切り抜きとかじゃなさそう。しかもテイオーの枕と同じくらいの横幅があるから、結構デカい写真だ。え、デカくね? 写真ってこんなデカいの撮れるんや。普通にサイズデカくすれば良いのか? でもこんなデカい写真を手にしたことはないな。枕(と同じくらい写真)がデカすぎる。やっぱり要素あるじゃないか。
同室はトップガンなので、トップガンのポスター。アプリではお父さんがパイロットだったって言ってたな。キャラごとの部屋はキャラの根源にあるもの、特に目標とか趣味が可視化されるので、大変良い文明だと思います。
て、トップガン寝てるんかい。なんか枕が二つあるなとは思っていたが。この時間に寝てるの遅刻じゃないか?
トップガンの机にはぬいぐるみが多い。アプリではぬいぐるみの話出てたっけな? 出てない気がするな、何となくトップガンはパパっ子な気がするのでパッパから貰ったものだと予想。
テイオーの靴は子供の頃のやつとか…? 陸上部の人とか、自分の靴を飾ったりするのかな、私の妹が獲得したトロフィーとかは玄関に飾ってるんだけど、陸上部じゃないから靴は並べてないな…。
て、トロフィー置かないのかな。そもそもトロフィーは写真撮るときだけですぐ返還するのかな。リアル競馬の走るシーンは何本か動画を観たけど、その辺まで注視していなかったのでいつか調べることとする。

 

テイオーが寮から出ていくシーン。
アプリのオープニングでスペスズが出て行くシーンとちゃんと同じ。いやてか、これ見ると寮生活て青春度120%あるよなぁ、経済的な理由でこういうところに通うのが無理だったとしても、今見るととても羨ましく、眩しく思う。
そういう生活を夢見ることも、想像することもしなかったから、若いうちに世界の彩り増やさないとダメなんですわ。あぁ、めちゃめちゃおっさんぽいコメント。
はちみつドリンクを買うテイオー。いや、高くね? 高すぎるやろ。野口英世スターバックスは白目剥くし、ぼったくりバーが弟子入り志願するよ。ローヤルゼリーに至っては諭吉なんだけど。メロンパンとかケバブを買うタイプの移動販売車で、万札出さんけど?
そうなるとテイオー朝の一杯に月30,000円使ってるわけか、お札じゃなくて500円2枚で払ってるっぽいのちょっとウケるな。通貨が同じならね。
そしてこのメニュー、蜂の子スナックがめちゃめちゃ浮いている。こいつだけ、外観の汚い創作居酒屋のメニューじゃん。キラキラしてウマスタ映えも狙えそうなスポットなのに、急にグロテスクな幼虫出てくるじゃん。
昔食べたことあるけど、味はどうだったかな、覚えてないな…。まずくてもう食わん、みたいな記憶はないので、味はまともだったと思うけど。同じ店でカエルを食べたが、鶏肉のささみっぽい、という明確な食感と味感を覚えている。
…とはいえ、時流的に昆虫食は推進されつつある。食糧難を考慮して、コオロギの粉末で煎餅とか作っていたはずだ。中国らへんから左の国では蝗害がニュースになっているのを見ているだろう。
農作物に甚大な被害をもたらすので、農家の敵であるが、適当に網を振り回せばバッタを簡単に確保できるから、その地域ではそれを家に持って帰って調理していたような。まま、正しい選択(?)ですわな。米を喰らう虫を喰らって、一粒で二度美味しいと。いや、ならんかなぁ。米は米で食いたいね。(でも痩せた~い)

 

出社…じゃない、登校するシーン。
多分2期の主要?のメンバーの自己紹介かな。マック歩いてるんだから時間に余裕あるだろうし、スペちゃんやダスカウオッカはなんで急いでるんや? や、ダスカウオッカはどっちが先に登校するかの争いか。レッドエースが発動したらダスカの勝ち。
あと校門2つ挟んでるけど、寮とトレセン学園が道路を挟んでいるのかな、テイオーは貴族しか買えない飲み物を外に買ってから来てるから、道路から走って来るんやろな。この様子だと、授業開始は9時頃なのかな。
ゴルシはセグウェイに乗って登校…セグウェイってデカい会社(規模と業績が)の敷地内とか、比較的舗装されてるところで走っているイメージなんだけど、凸凹してそうな道路も走れるんやろか。コンクリートとか走ってもがたがたしている様子はないし。
あと、セグウェイって業績不振だかで去年に生産終了していたような気がする。それが一つの会社なのか全体なのかまでは詳しくないけど、今となっては結構レアなのでは? でもまあゴルシだし、持ってるやろな。
ここで一般通過ライアン。なんかオンラインゲームみたいに名前のタグ付いてるけど、フジキセキとか後ろ姿しか見えないから全然わからんが? 1期では顔出ししてたのかもしれないが。グラスとエルもね。
待ち伏せする5人。スペちゃんそれおしゃぶりだったのかな。オープンキャンパスを5月にやるのは珍しい、文化祭シーズンというと秋の印象だが…そもそもオープンキャンパスとかそんな行かなかったから分からないな。
こういうところで経験が何もないの、薄っぺらくて本当にいけないと猛省する。やれるけどやらなかったことと、やったけどダメだったことは、全くイコールではないのにな。おじさんになるほど理解度が深まること。
マックイーンの回想が挟まる。ああ、この6人でチームスピカなのね。1期はスペちゃんが主人公ということは知っているから、1期もこのチームスピカを中心に世界が回っていたのか。
てかトレーナーめちゃイケメンじゃないか、アプリではトレーナーの容姿は一人も出てこないから特別意識したことはなかったけど、スピカのトレーナーめっちゃイケメンじゃん。
飴くわえてるのは、1期の始めの方では、或いはウマ娘のトレーナーになる前は煙草吸ってたとかなのかな。煙草代わりに棒付きのキャンディ舐めてる属性良いよな。
私が最初から最後まで全部読んだ漫画って2種類しかないんですが、そのうちの1個のスパイラルでも、最初は煙草吸ってたけど子供が多い環境に来てからくわえてるのが飴になるキリエちゃん(うろ覚え)がおるけど、そのシーンでめちゃ好きになったから強力な力を秘めてますよ。
しかもウマ娘のパワーを受けても怪我してなさそうなのでかなりの超人。いや、アプリのトレーナーもG1勝つたびに飛び蹴り喰らってるから人外か…。
話の途中でもタグ付きのウマ娘が出てくるけど、やっぱり1期でメインないしセリフの多かったキャラ達なのかもしれない。急にこんな情報色々出されても覚えられないしな。アプリやってるから分かるけども。そしていつの間にか唾液塗れの人参が完食されている。

 

オープンキャンパス案内。
お幼女ウマ娘がたくさん…。かなり小さいが、トレセン学園に小等部ってあったっけな、アプリのキャラステータス見ると、最低でも中等部だったから、多分中高一貫? 的な感じよね、だからこの辺のウマ娘はみんな小学生か。
あれ、なんかキタサンブラックサトノダイヤモンド小さいな? 早く入学するためにマスターソード抜いたんかな、一瞬でテイオーの身長追い抜ちゃってるし、でも中等部だったような…。
小学校→中学校って、とにかく家から近い場所に自動的に入学するものだと思っていたから、そういう感覚はなかったけど、私立中学とか行こうとするとオープンキャンパスとか行って選ぶんだろうな。
うんこ連呼するレベルの小学生だったから、そういう選択をしている感は中学校→高校のときも無かったな…。むしろこの歳でようやく良し悪しの判断ができるようになってきたかな? と思う。うんこだね。
あれ、ヒシアケボノはアニメで見るとあんまりデカくないな…? ヒシアケボノはアプリだと画面に映るたびにうわっと声上げてしまうけど、生物の本能が"殺られる"って緊急シグナル発してるんだと思う。チェホンマンとか街中で会ったら後ずさりするだろうし。
おっと、ここで先述していたフラッシュにビビるエアグルーヴが回収されていた。生き物の被写体に向かってフラッシュを炊くのはやめようね。
ここで会長に憧れていたテイオーに憧れているキタサンの構図。世代交代…ではないが、こうやって王者の意志は受け継がれていくのだな。キタサンは二期の中ではトレセンに入らないだろうから、テイオーが最後に勝ったときにキタサンが改めて何か強そうな目標を掲げて終わるのだろうか。
キタサンの実績そのものは調べてないけど、サブちゃんの馬で初めて実績を残したんだったか。そもそもサブちゃんが貧困牧場の馬を買って回ってたから、ハチャメチャに強い血統の馬は買ってなくて、それ故にキタサンブラックまでG1に縁がなかったはず?
だからキタサンも割と安値だったけど…。ただ、キタサンの稼ぎでもまだ赤字をペイできてないとかなんとか。

 

オープンキャンパス終了。
スズカはアメリカに行ってるのか。一期では走っていたのかな。走ってるよな、スぺちゃんが主人公でスズカが絡まんわけが…。
スズカとはビデオ通話で話している。…電源切るボタンデカくね? 明らかに横に伸ばされてるんだが。これスズカの服のデザインじゃないよね? ちょいちょい規格外のデカさのブツが出てくるな。
テイオーがカイチョーを校門で待ち伏せ。ダービーの時はめちゃめちゃちびっ子だったように見えたけどあれで3年分くらいの差しか無かったのか、または高等部は特に年齢制限がないのか?
まあ車の免許持ってるウマ娘が所属してるんだし(OGという扱いでもなかったよな?)、成績残せる限りは現役なんだろうな。そもそも卒業試験とかなさそうだし、走れないと思った時が終わり時なのかも。
アプリでは明言されているのかな? あまり引退という単語を見た覚えはないけども。そういえばキタサンサトノに頑張って入学してねと言ってたが、入学試験はやっぱ走るのかな、トレセンて作中だとエリート学校だったよね?
親子仲睦まじく歩く…て、会長のカバンデカくね? 同じデザインなのにこれ絶対入る量違うだろ、身長と一緒にカバンも伸びるのかもしれん。私は中間一貫校ではなかったので分からないけど、中等部と高等部でカバンの大きさ違うのが普通なのかな?

 

ここでアイキャッチ。あれ、オープニングってまだなんすかね? ていうかまだ半分!? 私はここまでに3時間かかったので、どうやら二期を通しで見ようと思ったら80時間くらいかかるらしい。

 

チームスピカの練習風景。
ゴルシが前に居るしダスカが後ろに居る…テイオーは後ろから差しの練習。なるほど合理的、究極テイオーステップを発動させるには差しで運用するのが良いという話を聞いた。先行で出すの育成の時くらいだしな…。
なんかゴルシがめちゃめちゃ死んだ魚の目をしている。まあ、ゴルシだしな。
マックとテイオーが競り合っているシーンの最初のコーナー、ここ絵なのか? なんかすごい3Dというかアプリのモデルっぽい感じがする。試験運用していたのか、めちゃめちゃここの作画が良いのか、その後は普通に絵なんだけど…。ここ結構びっくりした。
この走ってるシーンだけでもかなり臨場感がある。ヘッドンホホ付けて見てるのもあって、足音もよく聞こえるし、今後行われるレースシーンにかなり期待膨らむ。
シーンアウトでダスカが土を喰らうけど、実際のレース中にこれ普通にありそうだし、みんな騎手と同じゴーグルをつけて走った方が良いんじゃないか?
この練習場は芝だけど、ダートだと特に前の馬が蹴り上げた土や砂埃がキツいから、何層にもなったゴーグルを装着して挑むんだよな。土がたくさんついて視界が悪くなるたびに、1枚ずつめくって行くとか…。
てか、芝のレース場がある時点でやっぱトレセンはエリート校だし金もあるんだよな、芝とダートだとやっぱりメンテナンスはダートの方が楽だし、地方競馬がダートコースなのもそれが要因よね。

 

食事シーン。
スペちゃんはやっぱりバカ食いしているし、ゴルシはやる気アップスイーツを食っている。テイオーの食事シーンの背景には、チームの勧誘ポスターが。
チーム一つに付き一人のトレーナーが付いている感じなのかな、星座のチーム名だから12チームしか無さそうなんだけど…。確かトレーナー居ないとレースには出れない設定だったような? どこで見たかは忘れてしまった。
カノープスは何故かナイスネイチャが使われている。ツインターボカノープスに後から入ったことはナイスネイチャ編に書かれていたけど、ネイチャはどのタイミングで入ったんだっけな?
小説はアニメちゃんと見た後にまた読むか、と思って最初の方だけ読んで閉じてしまったから詳細を覚えてない、ウマ箱1の特典なわけだし、4話まで見たらおっかけても大丈夫だろうか。
チームデネブのポスターも並んでいるが…こっちはまだ分からないな。続けてペテルギウス、アルタイル…テイオーの背中に隠れていたポスターはチーム何だろう。
テイオーがネイチャのハンバーグ?を一つ食う間に葦毛のカービィが焼きそばを平らげている。つかネイチャそれ喰われたらおかずなくね? ポテトじゃ米は食えんでしょ、これで怒らない聖人女性。
足を怪我しているのはナイスネイチャ編では触れていたが、ここでは触れてないのかな? そう思っているとツインターボカノープスに入ったことが語られる。また先出ししちゃった。
みんな思ってると思うけど、耳がぴょこぴょこするの良いよな、アプリでもそうだけど。人外の耳とか尻尾などのパーツがあるタイプ(ウマ娘でケモナー/ケモノ系とか言ったら東京湾に沈むため、ぼかす。)は感情が豊かで良い。
ま、思ってること全部体に出ちゃいそうだから、自分がなりたいかと言われたら、ナシかな…。社会では表裏がないとされて信用ありそうだ。

 

テイオーの自主練シーン。
アプリでも聞きなれたBGM。…というのは嘘で、基本的に音を出さないで遊んでいるので、アプリでたまに聞くくらいの印象しかない。

 

テイオーの散髪シーン。
街中はやっぱり一番人気のテイオーがダービーの表紙に。直近だとソダシ(オークスだけど)とかエフフォーリアとかと同じ立ち位置になるのかな、この世代はまだウマ娘に出ている馬が両親・祖父母に混じっていることが多いから、
めちゃめちゃ良いタイミングだよな。これがあと20年後とかになっちゃうと、血を引くものはあれど曾祖父母とかそれより遠くなってしまって、まあ血縁ではあるけど…みたいな、ちょっと感情が淡くなってしまう。
ゴルシチがモデルをやってるのは知ってたけど、美容師でもあったのか、アルバイト? バイトに髪切らせないか、知らんけど。

 

テイオーが神社へ行くシーン。
大吉引いてくれよな。バッドコンディションも治してくれ。ライアン…G1勝てる地力あるのにライバルがマジで強すぎるの不遇よなぁ。ま、あんな発動率低い固有持ってるからそうなってしまいますわな。
そのライアンの固有を持ったゴルシにぶち抜かれて、もしかして強いんじゃ? と思ったジェミニ杯も、それはゴルシが強いからに過ぎない説が強い。

 

テイオーと夜の寮。
蹄鉄はスパイク的なやつなのか、ああいうの自分でトンカチ打ってメンテするんやね、陸上部も同じことしてる?
中学・高校の時にウマ娘見たら、確実に陸上部に入ってたかもしれないな…そして陰キャだから差し追込が格好良いと思ってそれ目指して、本気で走れと怒られてカスみたいな成績残して卒業するんや。そういう未来しか見えないよ。
年齢が低いほどとりあえず足の速い人間はモテる風潮があったけど、私は常に2位しか取れなかったな…。小学生で同じ相手に1位を取られ続け、中学生の時は…中学生の時は? あんまり記憶が残っていないが、1位を取った記憶がない。ナイス2位チャですわ。
まあ、そもそも走りが早かろうとキモいと言われ続けてたので、女子と接触することはなかったな。小学校に卒業生が集まるとき、近いからと行ったら同クラスだった女子に泣かれたので、もうその小学校には立ち寄らなくなった。
もっと明るい青春時代を過ごしていたような気がするが、振り返ってみると思ったより暗いな。ま、今が輝くほど、後ろに残るのは影だけなんだよね。

 

東京レース場。
早速テイオーがダービーへ出走。誰もマスクを付けていない景色って、いつの間にかとても新鮮に見えるな…。もちろん時流に乗ってマスクをする必要はない。
実況紹介されるが、なんかちょっとリアルに寄せた方の女性の…声に張りがないというか? 安物のマイク使ってるYoutuber的な? 声優じゃないのかな、声優だったらほんとにすまん。
よく見たらこの美容室にもメニュー表が記載されていた。さっきのシーンにも合ったのかな? ぼったくりはちみつ移動販売と比べて、こちらは美容室としては普通の価格になっている。
ウマ娘カットは多分、ウマ娘はこのコースだよってことで、ウマ娘みたいにカットするわけではないよな?(ウマ娘みたいなカットって何?)
耳あるから普通のカット方法と違うだろうし、やっぱり特技のない人類と比べて人口、ウマ口が少ないだろうから、割高になるのも致し方なし。でもそうすると、やっぱウマ娘って金持ちだな、或いはウマ娘補助金とかあるのかもね。
取り柄のないホモサピエンスより金が掛かりそうだしね。もしくはトレセン学園の学生証で割引効くとか…(つまり、学園所属でないウマ娘は普通に割高。)
あっしは野郎なので2,3か月に一回、はちみつドリンクより安い床屋で切ってもらう程度で済むけど、容姿気にする人は1か月とか、2週間に1回とか、そういう頻度で行くのかしら? 乙女になったら考えます。
登場?お披露目?はパドックの扱いなのかな。日本ダービーは1番が一番勝率高いんだっけか、まあ外枠得意付ければスピード上がるので勝てるっしょ。緑スキルだから安いよ。
地下の道…って名前があるのかな。実際の競馬でも馬はここを通るんだよな。ただ、東京の地下はなんかあるってんで、ここを通ると体調を崩す馬が珍しくはない程度に居るらしい。
アプリのスキルでG1苦手とかどういうことよ? と思ってたけど、空気にあてられる、みたいな現象は実際にあるものね。ま、そうでなくともG1は観る人多いから苦手ありそうに説明はつくけども。
そして選手入場。あ、こっちがパドックミスターシービーって、アプリ側のキャラクター一覧に居たっけ? これは実際に居る馬の名前だから、いずれは出てきそうだけど。と思って見に行ったらキャラクター一覧にはいた。
でも、サポートカードにも育成ウマ娘のストーリーにも出たことない気がするなぁ。見逃してる説もなくはないけど。
シガーブレイドの髪の毛がハートにテカっているのがちょっと気になる。実際の馬がそうだったように、ウマ娘でも反映してメッシュの子がかなり多いけど、元ネタの馬はハートマークの模様ついてたのかな。やんわりと検索すると、額にハートマークのある馬の画像が引っかかったので、無くはないっぽい。
お、ここでチームリギルが登場。グラスとエルは何となくスペちゃんと同じだろうと思ってたけど、そういえばスピカには居ないので意外だった。タイキデカくね? 「何よおハナさん」ってセリフ、ほんのりカマっぽくてウケるな。
田んぼでアンテナ立ててまでテレビ見てるの、熱量がすごすぎるな。競馬のおっちゃんと言えば馬券だか新聞を握ってラジオ聞いてるってステレオタイプあるよね。ビール瓶ケースに座ってるおっちゃんがテレビに近くて後ろの人見えないだろ…。
ゲートからでも歓声すごい。これ並大抵のメンタルだとこの圧でKOですわ。声援受けるような舞台に立ってこなかった人間としては、こんな場所で今まで通りにゃ走れんよ。現実の馬がゲート入り嫌がるのもちょい納得。
一緒に走るウマ娘は全員オリジナルかな? 知ってる顔はない。
サラっとスペちゃんの隣にチームではないウンスが。口ぽかんとしてて可愛い。
ゴルシはルービックキューブを弄っているけど…高校生の頃ワイもめちゃめちゃルービックキューブにハマったな。買ったままだと滑りずらいからまず分解してメンテして回しやすくして、
授業中もずっと机の下でカチャカチャやってタイム更新を狙っていた。だから一番の大舞台でゴルシに向かって、なんでルービックキューブやってんだ、なんて言える立場にない数少ない人間なんだな。
3x3はよくやったけど、4x4以降はあんまりハマらなかったな…どうして3x3が主流なのかはよく分かるわね。回し方さえ覚えれば揃えること自体は意外と簡単で、回しのパターンも確か4,5通りしかなかった気がする。まあちょうど良い塩梅というわけ。

 

レース開始。
ゴルシのゲート難をダスカに指摘されるけど、ルービックキューブに夢中なので特に見ていない。
テイオーとマックの競り合いシーンでもあった、3Dと2Dの境目のような作画がここでも描かれている。これどうなってるんだ?
マルゼンスキーの言葉…ダービーは最も運のあるウマ娘が勝つ。今こそ18頭立てだけど、昔はとりあえず出られるだけ出てた(30頭くらい?)の名残よね。
まあそれでも、アプリでダービーやジャパンカップは他のレースと比べて明らかに揺れるから、ラック要素強めに出ている…という肌感覚はあるなぁ。
究極テイオーステップを外枠から決めてテイオーの勝利。アプリでもこれやってくれぇ…。スズカみたいに寝落ち寸前でこういうの見てると、翌朝起きたとき自分が何してたか覚えてないんよね。自分が体感したことではないような…。
最近のアニメなーんも見てないから知らないけど、紙吹雪キレイだな。テイオーは会長のピース。ちなみにハルウララは勝利したときに5本指を掲げるので、5冠狙ってるんですよね。笑顔の裏に凄まじい野望があるけど、数を数えられていない説は大いにあるよね。
テイオーが左足に違和感を覚えつつフェードアウト…これが故障フラグか。

 

ウイニングライブ。
あ…走った直後に踊るの大変だよなと思ってたけど、昼の部・夜の部みたいにちゃんとなってるのか。まあそりゃそうか。全員ヘロヘロで歌って踊ってるのもそれはそれでおもろいけど。
winning the soul! 客の歓声がめちゃめちゃ響く。ンホホホホでアニメ見るの、よく考えたら初めてだし、今までのもこんくらい音量の圧ある作品あったのかもなぁ。
アニメだとトップ3以外は出演することもできないのか、まあ…正直負け組バックダンサーやらされるよりこっちのが温情よね。負けたレースで踊らされるの心折れちゃうわよ。
この曲は全体的にマイクパフォーマンスが好き、振り回すのとか、ちょっとえっちな手つきでマイクを扱うのとか。曲は…アプリで聞けるやつの中でトップクラスに好きというわけではないけど、踊りは2番目に好き。1番は本能スピード…いや、本当はオープニングが一番好きなんですけど、はよライブで見せて欲しい。
この曲、「そこから始まるstory」の指のポーズと、「果てしてなく続くwinning」で出てくる謎メーターは何なんですかね? 特に謎メーター君が気になります。
曲の途中、会長とトレーナーだけが左足の故障に気付いてエンディング…。ここで「トウカイテイオー」は激熱演出だな、しびれる。これ見るとwinnnnnning the soulはテイオーの曲って言われても納得やね。

 

1話はここでおしまい。今回はライブ曲だったけど、エンディング曲は毎回変わるのかな? オープニングも最初は流れないんだ。
1話見るのに6時間かかりました。おしまいだぁ。アニメってもっとサクッと見られるイメージだったけど、ゆっくり見てると1話分でも休日使わないと消化できんかも。
平日はお預けですね。いや、一回見た話をもっかい見ようかな。

 

終わり。