hukushi_memo

長文書きたくなった時用

ウマ娘2期 第1話 感想

まだ一期を見てないが、ウマ箱は発売したし届いてしまったので、実に10年ぶりにアニメを見るのであった。最後に見たのは多分けいおんとかです。
アプリから入ったので、多少前提知識があります。とりあえず初見の殴り書き。

--

世界観を語るシーン。ゲームでは夜景をバックにしたウマ娘銅像と一緒に語っていた気がする。
壁画というとエジプト、ないしピラミッドを彷彿させる。(一般人なので。)いずれにしても壁画で残っている時点で、太古より存在することを示唆している。確かウマ娘の世界にはこちら側の世界でいう馬が居ないと聞いた気がする。
瞳を示しているのが3人だから、三女神の像と同じで始祖を示しているのか、と思ったけどウマ娘なのは真ん中だけだった。
ピラミッド建造に際して、ピラミッドを構築する石材?も、ウマ娘なら一人一つずつ運べるので、重宝されるどころか、ウマ娘以外お断りになってそうだ。
重労働ではあったものの、確か労働者には酒や食料が支給され、まあまあ生活するのに困らない公共事業の扱いだったはずなので、男たちは代わりに狩猟や農作業などの持久力が必要な仕事を担当していたかもしれない。
というか、そういう背景があると社会的には男性より女性の方が強くなっていそうだが…? いざとなったら一撃で相手を粉砕できる力を持つことは、絶対な自信に繋がるはず。いや、でもマッチョも病むからそうでもないのか。
あのバクシンオーですらちょっとナイーブ(ナイーブに繊細という意味はないので誤用であるが、ニュアンスは伝わると思うのでそう使用する。)になっていたところがあるし、メンタルの強度は生物皆同じよね。
ウマが主流となっていた戦争――馬が主流の戦争だと戦と言った方がそれっぽいか。護衛も軍隊もウマ娘を中心にした方が限りなく強いと思われるが、そもそもウマ娘が可愛いのでこの世界は戦争とか起きませんでした、とかのが平和で良いんじゃないでしょうか。
傾国の美女は希少性から傾国要素が付与されるわけで、傾国の美女が大量に居たらシーソーも地面と並行で安泰というわけ。は、桐生院の1人シーソーはこれを指していたわけね。
ま、100点の中に120点が居るから、結局傾くんですけどね。

 

ところで別世界の名前を受け継いで、という設定はナレーションのたづなさん以外に(たづなさんが神みたいになってしまうが)知っているものなのか。
成績の悪いウマ娘に対し、あいつは魂がしょぼいんだよな、とか外野から飛んで来たら首吊りものですよ。ただ、人によっては周囲と比較して劣っていることへの保険というか慰みものというか、理由、言い訳として使えそうで。
私が成績の悪いウマ娘だったら、魂を言い訳にしてしょうもないトレセンに入って(失礼)、しょうもない成績で青春を終えて、普通の会社に就職するんだろうな。
ところでウマ娘の名前はハンコにするの大変だろう。私の入っている会社(私とは、ウマ娘ではない私のこと。)にも外国人が入社しているが、めちゃめちゃ文字の潰れた長い名前のハンコを作らされていた。テレワーク推進環境でいよいよ、そのハンコを押す機会も減りましたが。

 

東京レース場でシンボリルドルフが走るシーン、というか、トウカイテイオーの目的・目標が示される場面か。
ここで初めてアニメウマ娘のレースシーンを見ることに。まあ1期見てないと頭に書いてるのでそりゃそうなんだが、思ってたより早い。まあ、今回はルドルフ以外を描写する必要がないからか。
2冠を達成したと実況があるので日本ダービーか、ルドルフの史実はあんまり調べてないのと、ゲームのストーリーも最近引いたのでお話を読めていない。タキオン以外そもそもまだ読んでないのだが…。
会長は汝皇帝の何とかを発動して勝利。唯一抜きんでてうんたらかんたらピース。私もこれをジェミニ杯で見せて欲しかったよ…。ちょっと口がωっぽくなってて、威厳が小さくほころんでいるのが可愛い。(失敗率5%)
幼女テイオーは保護者と一緒に来たわけではないのかな、僕っ娘はとても希少性が高いので親御さんはもう少し心配してあげて欲しい。といっても、ウマ娘を誘拐しようったって、この時点で力は成人男性に勝ってるのかな。
うっかり普通の人間殺害できるので、教育というかしつけは特に慎重にならなくては。ガラスのショーケース前でダダをこねられた日には震度7ですよ。

 

会長の記者会見シーン。フラッシュ炊いて良いんすかね? エアグルーヴがそれで調子悪くなったのが原作にあったような、まあ会長だから大丈夫か。目くらましとかいうデバフが追込み用のデバフにあった気がするが、エアグルーヴがやたら追込みへのヘイトが高いスキル構成なのは…。
マルゼンお…ねえさんが出走できていないようなので、ここは原作と同じく出場権がなかったのかな。外国生まれの扱いなのかもしれない。マルゼンはダービー、つまりタウラス杯ではかなり強かったので、確かにマルゼンが出ていたら会長も負けていたかもしれない。
私のゴルシもハナ差でマルゼンに追いつけなくて2位でしたからね、ほんと、はぁ。
てかマルゼン横から出てきたけど、この会見会場、舞台みたいになってるわけでじゃなくて、箱型の部屋なのね。マルゼンずっと隅っこで記者に見える場所で待機してたのかな。草。
関係者以外入れない場所にさらっと押しかけてくるテイオー。記者陣はこらこらと怒るものの、足元をうろちょろする身長のウマ娘に逆らったら車いす生活を余儀なくされるので、みんな本気で追い出そうとはしない。
会長に目標を宣言するテイオー。だが、もう少し固有スキルの発動条件を緩いものにするのが先決だ。別衣装になってもあんまり…。
才能と努力と運が大事とマルゼンスキー。もうチャンミで骨身に染みています。一発勝負がメインの界隈では、競馬に限らずすべてにおいてこれなんですわ。
私の学生時代も…。
おっと、ひねり出そうとしたけど、しょうもない青春時代だったのでそんな熱いシチュエーションはありませんでした。

 

テイオーのお着換えシーン。
マックが春天で圧勝、ライアンも映っている。ウマ娘生放送で聞いたことがあるので、口ずさんでいるのが恋はダービーであることも分かる。
ウマ娘の存在しない終わってる世界(現実のこと)ではテイオーのキャラソンとして扱われているけど、ウマ娘の世界では別の人が歌っているのだろうか、テイオーは歌手じゃないしな、CMソング、或いはタイアップ曲なのかも。
歌手のウマ娘はまだ出てない気がするけど…いや、全員歌って踊れるんだから全員歌手ですわ。なんならアイドルなんですわ。普通にウマ娘が歌ってそうだな。
音痴の子とかめちゃめちゃ困ってそうだけど、ウマ娘が容姿端麗で生まれてくるのに伴って、みんな音感はあるのかも。ピラミッドを作っていた頃のウマ娘まで走って歌って踊れたかは定かではないものの。
ところでこの相部屋システムめちゃめちゃ天才だよなと、アプリから入ってしばらくしてから思った。というかよく読んでなかったので相部屋であることにしばらく気付かなかった。私が設定考えたらとりあえず一人部屋にしちゃうし。
待てよ、もしかしたら学生寮って普通は一人部屋にはならないのか? どれとは全く特定できないが再生できる脳内映像のうち、二段ベッドが複数ある部屋に寝泊まりする学生のイメージが浮かぶ。私の人生経験の浅さが滲んでいるので、ウマ娘でシミ抜きをした。
相部屋の組み合わせは、まあそうなるよな、という部屋がある一方で、意外な組み合わせの部屋もある。
元々二次創作とかは苦手で、基本的に一次創作を嗜む勢なのだが、本編では全く関わりのないカップリングをさせて、一体どんな会話をするのかとめちゃめちゃ気になって妄想していたことはある。王道よりそっちが好きだった。
これによって史実に絡みがなかったとしても、関わりを増やしやすい。さっき登場したマルゼンは一人暮らしだが…。たっちゃんをトレセンの駐車場に止めてたら怒られるらしいし、怒られるのも道理だし、仕方ないね。
車より恐らくウマ娘の方が瞬間速度は速いと思うのが、ウマ娘もウマもそんなに長い間走れないと思うので、その辺は人間と変わりないわな。ウサインボルトだって車に乗るし。
さて、無敗の三冠ウマ娘を目指しているA4の紙が貼りつけられている。グラブルのバレンタインデー/ホワイトデーのキャンペーンでもそうだが、ちゃんとキャラごとに字体を分けていて、かつイメージを崩さない設定がここでも活きている。この現実に有りそうな汚さは解釈一致ですよ。
会長のポスター…勝ち方に一意専心って、絶対に汝を発動させて差し切る…ってコト!? そうはいうけど会長の脚質ってちょっと弄ると変幻自在なんだよな、逃げもできるし…会長でやる意味ないけど。
で、会長のポスターは分かるけど、はちみつドリンクのポスター張ってるのは??? はちみつが好きなのは薄っすら聞いたような気がするけど、好物の商品ポスターを自分の部屋に貼ってるのめちゃめちゃ面白くないか。
友達の家に行っててりやきマックの商品ポスター貼ってあったら、なんで?ってなりません? てりやきすぎてすいませんw
配置のせいで会長がはちみつドリンクに執心してるように見えるのもなおおもろい。この場面めっちゃ笑いました。
机に置かれているのは月刊トゥインクル。チャンミでも特別号として出ていたが、ゲーム本編でも名前出てたっけな、もう少しちゃんと各々のストーリー読もうかなと思う。もう皐月賞は勝ってるのね。
生米だったか、苫小牧だったか、なんとかステークスはもう勝っているのね。チラッとウマ箱に入ってるナイスネイチャ編の小説の冒頭を読んだけど、そこでは生卵ステークスの様子が描かれていた。テイオーはネイチャの目には確かにキラキラしていた。この話ではね。
つかこのトゥインクル号の表紙何? 普通トウカイテイオーがドーン!と映ってるんじゃないの、サポートカードみたいに。雑誌って買わないけど、店頭で見るのは大体主役の一枚絵だよね。
なんで記者が映り込んでんねん、或いはトレセン関係者? トレーナー? これじゃ役員が並んでる会社概要の画像じゃん。
ウマ娘を始めてから世界の色素がまた一つ増えて、職場の近くのローソンにいつも競馬の雑誌が並んでいることに気付いたけど、あれも馬が一匹、或いは馬と騎手の人が一緒に映ってるのしか見ていない。
それと比較すると、背景が外枠埋めちゃってるし、煽り文も少ないし、表紙を飾るセオリーもまたウマ娘界では違うのかもしれない。
まだまだシーンは続いて、テイオーがスカートのファスナーを閉めている。尻尾をあの穴に入れるの大変じゃないか、とゲームやりながら思っていたが、上から乗っける感じで良いのか。
ただ、尻尾を通すところはカバーが付いているとはいえ、ちゃんと根元を抑えて中に入れないと、やっぱりファスナーに毛が絡まって痛い思いをしてそうだな。ウマ娘用の衣服の改善が待たれます。
あれ、てかウマ娘って地味な人間と比較して人口どれくらいなんだ、この服はオーダーメイドになるのか、普通の洋服屋(なんかもっとおしゃんな言い方があったような)で並んでいるものなのか。
人間がうっかりウマ娘用の服を買ってしまってケツ丸出しになって返品…てなことが起きていそうだ。そんなん間違えんやろ、と多くの常識人なら思うが、そうはならないのが、接客業の経験があると分かる。
ところでなんでテレビの時刻が8:10なんすかね…あっふーん。8:10の表示で消す→例の要素がないことを弁明しているわけね。でもやつら嘘つきだからなぁ。
ここで部屋の全容?がちょっと見える。窓多いな、と思ったけど、アプリの汎用背景でもちゃんとベッドの上に窓あったね。
窓の下にはあの日の写真…記者が撮ったものだと思うけど、新聞の切り抜きとかじゃなさそう。しかもテイオーの枕と同じくらいの横幅があるから、結構デカい写真だ。え、デカくね? 写真ってこんなデカいの撮れるんや。普通にサイズデカくすれば良いのか? でもこんなデカい写真を手にしたことはないな。枕(と同じくらい写真)がデカすぎる。やっぱり要素あるじゃないか。
同室はトップガンなので、トップガンのポスター。アプリではお父さんがパイロットだったって言ってたな。キャラごとの部屋はキャラの根源にあるもの、特に目標とか趣味が可視化されるので、大変良い文明だと思います。
て、トップガン寝てるんかい。なんか枕が二つあるなとは思っていたが。この時間に寝てるの遅刻じゃないか?
トップガンの机にはぬいぐるみが多い。アプリではぬいぐるみの話出てたっけな? 出てない気がするな、何となくトップガンはパパっ子な気がするのでパッパから貰ったものだと予想。
テイオーの靴は子供の頃のやつとか…? 陸上部の人とか、自分の靴を飾ったりするのかな、私の妹が獲得したトロフィーとかは玄関に飾ってるんだけど、陸上部じゃないから靴は並べてないな…。
て、トロフィー置かないのかな。そもそもトロフィーは写真撮るときだけですぐ返還するのかな。リアル競馬の走るシーンは何本か動画を観たけど、その辺まで注視していなかったのでいつか調べることとする。

 

テイオーが寮から出ていくシーン。
アプリのオープニングでスペスズが出て行くシーンとちゃんと同じ。いやてか、これ見ると寮生活て青春度120%あるよなぁ、経済的な理由でこういうところに通うのが無理だったとしても、今見るととても羨ましく、眩しく思う。
そういう生活を夢見ることも、想像することもしなかったから、若いうちに世界の彩り増やさないとダメなんですわ。あぁ、めちゃめちゃおっさんぽいコメント。
はちみつドリンクを買うテイオー。いや、高くね? 高すぎるやろ。野口英世スターバックスは白目剥くし、ぼったくりバーが弟子入り志願するよ。ローヤルゼリーに至っては諭吉なんだけど。メロンパンとかケバブを買うタイプの移動販売車で、万札出さんけど?
そうなるとテイオー朝の一杯に月30,000円使ってるわけか、お札じゃなくて500円2枚で払ってるっぽいのちょっとウケるな。通貨が同じならね。
そしてこのメニュー、蜂の子スナックがめちゃめちゃ浮いている。こいつだけ、外観の汚い創作居酒屋のメニューじゃん。キラキラしてウマスタ映えも狙えそうなスポットなのに、急にグロテスクな幼虫出てくるじゃん。
昔食べたことあるけど、味はどうだったかな、覚えてないな…。まずくてもう食わん、みたいな記憶はないので、味はまともだったと思うけど。同じ店でカエルを食べたが、鶏肉のささみっぽい、という明確な食感と味感を覚えている。
…とはいえ、時流的に昆虫食は推進されつつある。食糧難を考慮して、コオロギの粉末で煎餅とか作っていたはずだ。中国らへんから左の国では蝗害がニュースになっているのを見ているだろう。
農作物に甚大な被害をもたらすので、農家の敵であるが、適当に網を振り回せばバッタを簡単に確保できるから、その地域ではそれを家に持って帰って調理していたような。まま、正しい選択(?)ですわな。米を喰らう虫を喰らって、一粒で二度美味しいと。いや、ならんかなぁ。米は米で食いたいね。(でも痩せた~い)

 

出社…じゃない、登校するシーン。
多分2期の主要?のメンバーの自己紹介かな。マック歩いてるんだから時間に余裕あるだろうし、スペちゃんやダスカウオッカはなんで急いでるんや? や、ダスカウオッカはどっちが先に登校するかの争いか。レッドエースが発動したらダスカの勝ち。
あと校門2つ挟んでるけど、寮とトレセン学園が道路を挟んでいるのかな、テイオーは貴族しか買えない飲み物を外に買ってから来てるから、道路から走って来るんやろな。この様子だと、授業開始は9時頃なのかな。
ゴルシはセグウェイに乗って登校…セグウェイってデカい会社(規模と業績が)の敷地内とか、比較的舗装されてるところで走っているイメージなんだけど、凸凹してそうな道路も走れるんやろか。コンクリートとか走ってもがたがたしている様子はないし。
あと、セグウェイって業績不振だかで去年に生産終了していたような気がする。それが一つの会社なのか全体なのかまでは詳しくないけど、今となっては結構レアなのでは? でもまあゴルシだし、持ってるやろな。
ここで一般通過ライアン。なんかオンラインゲームみたいに名前のタグ付いてるけど、フジキセキとか後ろ姿しか見えないから全然わからんが? 1期では顔出ししてたのかもしれないが。グラスとエルもね。
待ち伏せする5人。スペちゃんそれおしゃぶりだったのかな。オープンキャンパスを5月にやるのは珍しい、文化祭シーズンというと秋の印象だが…そもそもオープンキャンパスとかそんな行かなかったから分からないな。
こういうところで経験が何もないの、薄っぺらくて本当にいけないと猛省する。やれるけどやらなかったことと、やったけどダメだったことは、全くイコールではないのにな。おじさんになるほど理解度が深まること。
マックイーンの回想が挟まる。ああ、この6人でチームスピカなのね。1期はスペちゃんが主人公ということは知っているから、1期もこのチームスピカを中心に世界が回っていたのか。
てかトレーナーめちゃイケメンじゃないか、アプリではトレーナーの容姿は一人も出てこないから特別意識したことはなかったけど、スピカのトレーナーめっちゃイケメンじゃん。
飴くわえてるのは、1期の始めの方では、或いはウマ娘のトレーナーになる前は煙草吸ってたとかなのかな。煙草代わりに棒付きのキャンディ舐めてる属性良いよな。
私が最初から最後まで全部読んだ漫画って2種類しかないんですが、そのうちの1個のスパイラルでも、最初は煙草吸ってたけど子供が多い環境に来てからくわえてるのが飴になるキリエちゃん(うろ覚え)がおるけど、そのシーンでめちゃ好きになったから強力な力を秘めてますよ。
しかもウマ娘のパワーを受けても怪我してなさそうなのでかなりの超人。いや、アプリのトレーナーもG1勝つたびに飛び蹴り喰らってるから人外か…。
話の途中でもタグ付きのウマ娘が出てくるけど、やっぱり1期でメインないしセリフの多かったキャラ達なのかもしれない。急にこんな情報色々出されても覚えられないしな。アプリやってるから分かるけども。そしていつの間にか唾液塗れの人参が完食されている。

 

オープンキャンパス案内。
お幼女ウマ娘がたくさん…。かなり小さいが、トレセン学園に小等部ってあったっけな、アプリのキャラステータス見ると、最低でも中等部だったから、多分中高一貫? 的な感じよね、だからこの辺のウマ娘はみんな小学生か。
あれ、なんかキタサンブラックサトノダイヤモンド小さいな? 早く入学するためにマスターソード抜いたんかな、一瞬でテイオーの身長追い抜ちゃってるし、でも中等部だったような…。
小学校→中学校って、とにかく家から近い場所に自動的に入学するものだと思っていたから、そういう感覚はなかったけど、私立中学とか行こうとするとオープンキャンパスとか行って選ぶんだろうな。
うんこ連呼するレベルの小学生だったから、そういう選択をしている感は中学校→高校のときも無かったな…。むしろこの歳でようやく良し悪しの判断ができるようになってきたかな? と思う。うんこだね。
あれ、ヒシアケボノはアニメで見るとあんまりデカくないな…? ヒシアケボノはアプリだと画面に映るたびにうわっと声上げてしまうけど、生物の本能が"殺られる"って緊急シグナル発してるんだと思う。チェホンマンとか街中で会ったら後ずさりするだろうし。
おっと、ここで先述していたフラッシュにビビるエアグルーヴが回収されていた。生き物の被写体に向かってフラッシュを炊くのはやめようね。
ここで会長に憧れていたテイオーに憧れているキタサンの構図。世代交代…ではないが、こうやって王者の意志は受け継がれていくのだな。キタサンは二期の中ではトレセンに入らないだろうから、テイオーが最後に勝ったときにキタサンが改めて何か強そうな目標を掲げて終わるのだろうか。
キタサンの実績そのものは調べてないけど、サブちゃんの馬で初めて実績を残したんだったか。そもそもサブちゃんが貧困牧場の馬を買って回ってたから、ハチャメチャに強い血統の馬は買ってなくて、それ故にキタサンブラックまでG1に縁がなかったはず?
だからキタサンも割と安値だったけど…。ただ、キタサンの稼ぎでもまだ赤字をペイできてないとかなんとか。

 

オープンキャンパス終了。
スズカはアメリカに行ってるのか。一期では走っていたのかな。走ってるよな、スぺちゃんが主人公でスズカが絡まんわけが…。
スズカとはビデオ通話で話している。…電源切るボタンデカくね? 明らかに横に伸ばされてるんだが。これスズカの服のデザインじゃないよね? ちょいちょい規格外のデカさのブツが出てくるな。
テイオーがカイチョーを校門で待ち伏せ。ダービーの時はめちゃめちゃちびっ子だったように見えたけどあれで3年分くらいの差しか無かったのか、または高等部は特に年齢制限がないのか?
まあ車の免許持ってるウマ娘が所属してるんだし(OGという扱いでもなかったよな?)、成績残せる限りは現役なんだろうな。そもそも卒業試験とかなさそうだし、走れないと思った時が終わり時なのかも。
アプリでは明言されているのかな? あまり引退という単語を見た覚えはないけども。そういえばキタサンサトノに頑張って入学してねと言ってたが、入学試験はやっぱ走るのかな、トレセンて作中だとエリート学校だったよね?
親子仲睦まじく歩く…て、会長のカバンデカくね? 同じデザインなのにこれ絶対入る量違うだろ、身長と一緒にカバンも伸びるのかもしれん。私は中間一貫校ではなかったので分からないけど、中等部と高等部でカバンの大きさ違うのが普通なのかな?

 

ここでアイキャッチ。あれ、オープニングってまだなんすかね? ていうかまだ半分!? 私はここまでに3時間かかったので、どうやら二期を通しで見ようと思ったら80時間くらいかかるらしい。

 

チームスピカの練習風景。
ゴルシが前に居るしダスカが後ろに居る…テイオーは後ろから差しの練習。なるほど合理的、究極テイオーステップを発動させるには差しで運用するのが良いという話を聞いた。先行で出すの育成の時くらいだしな…。
なんかゴルシがめちゃめちゃ死んだ魚の目をしている。まあ、ゴルシだしな。
マックとテイオーが競り合っているシーンの最初のコーナー、ここ絵なのか? なんかすごい3Dというかアプリのモデルっぽい感じがする。試験運用していたのか、めちゃめちゃここの作画が良いのか、その後は普通に絵なんだけど…。ここ結構びっくりした。
この走ってるシーンだけでもかなり臨場感がある。ヘッドンホホ付けて見てるのもあって、足音もよく聞こえるし、今後行われるレースシーンにかなり期待膨らむ。
シーンアウトでダスカが土を喰らうけど、実際のレース中にこれ普通にありそうだし、みんな騎手と同じゴーグルをつけて走った方が良いんじゃないか?
この練習場は芝だけど、ダートだと特に前の馬が蹴り上げた土や砂埃がキツいから、何層にもなったゴーグルを装着して挑むんだよな。土がたくさんついて視界が悪くなるたびに、1枚ずつめくって行くとか…。
てか、芝のレース場がある時点でやっぱトレセンはエリート校だし金もあるんだよな、芝とダートだとやっぱりメンテナンスはダートの方が楽だし、地方競馬がダートコースなのもそれが要因よね。

 

食事シーン。
スペちゃんはやっぱりバカ食いしているし、ゴルシはやる気アップスイーツを食っている。テイオーの食事シーンの背景には、チームの勧誘ポスターが。
チーム一つに付き一人のトレーナーが付いている感じなのかな、星座のチーム名だから12チームしか無さそうなんだけど…。確かトレーナー居ないとレースには出れない設定だったような? どこで見たかは忘れてしまった。
カノープスは何故かナイスネイチャが使われている。ツインターボカノープスに後から入ったことはナイスネイチャ編に書かれていたけど、ネイチャはどのタイミングで入ったんだっけな?
小説はアニメちゃんと見た後にまた読むか、と思って最初の方だけ読んで閉じてしまったから詳細を覚えてない、ウマ箱1の特典なわけだし、4話まで見たらおっかけても大丈夫だろうか。
チームデネブのポスターも並んでいるが…こっちはまだ分からないな。続けてペテルギウス、アルタイル…テイオーの背中に隠れていたポスターはチーム何だろう。
テイオーがネイチャのハンバーグ?を一つ食う間に葦毛のカービィが焼きそばを平らげている。つかネイチャそれ喰われたらおかずなくね? ポテトじゃ米は食えんでしょ、これで怒らない聖人女性。
足を怪我しているのはナイスネイチャ編では触れていたが、ここでは触れてないのかな? そう思っているとツインターボカノープスに入ったことが語られる。また先出ししちゃった。
みんな思ってると思うけど、耳がぴょこぴょこするの良いよな、アプリでもそうだけど。人外の耳とか尻尾などのパーツがあるタイプ(ウマ娘でケモナー/ケモノ系とか言ったら東京湾に沈むため、ぼかす。)は感情が豊かで良い。
ま、思ってること全部体に出ちゃいそうだから、自分がなりたいかと言われたら、ナシかな…。社会では表裏がないとされて信用ありそうだ。

 

テイオーの自主練シーン。
アプリでも聞きなれたBGM。…というのは嘘で、基本的に音を出さないで遊んでいるので、アプリでたまに聞くくらいの印象しかない。

 

テイオーの散髪シーン。
街中はやっぱり一番人気のテイオーがダービーの表紙に。直近だとソダシ(オークスだけど)とかエフフォーリアとかと同じ立ち位置になるのかな、この世代はまだウマ娘に出ている馬が両親・祖父母に混じっていることが多いから、
めちゃめちゃ良いタイミングだよな。これがあと20年後とかになっちゃうと、血を引くものはあれど曾祖父母とかそれより遠くなってしまって、まあ血縁ではあるけど…みたいな、ちょっと感情が淡くなってしまう。
ゴルシチがモデルをやってるのは知ってたけど、美容師でもあったのか、アルバイト? バイトに髪切らせないか、知らんけど。

 

テイオーが神社へ行くシーン。
大吉引いてくれよな。バッドコンディションも治してくれ。ライアン…G1勝てる地力あるのにライバルがマジで強すぎるの不遇よなぁ。ま、あんな発動率低い固有持ってるからそうなってしまいますわな。
そのライアンの固有を持ったゴルシにぶち抜かれて、もしかして強いんじゃ? と思ったジェミニ杯も、それはゴルシが強いからに過ぎない説が強い。

 

テイオーと夜の寮。
蹄鉄はスパイク的なやつなのか、ああいうの自分でトンカチ打ってメンテするんやね、陸上部も同じことしてる?
中学・高校の時にウマ娘見たら、確実に陸上部に入ってたかもしれないな…そして陰キャだから差し追込が格好良いと思ってそれ目指して、本気で走れと怒られてカスみたいな成績残して卒業するんや。そういう未来しか見えないよ。
年齢が低いほどとりあえず足の速い人間はモテる風潮があったけど、私は常に2位しか取れなかったな…。小学生で同じ相手に1位を取られ続け、中学生の時は…中学生の時は? あんまり記憶が残っていないが、1位を取った記憶がない。ナイス2位チャですわ。
まあ、そもそも走りが早かろうとキモいと言われ続けてたので、女子と接触することはなかったな。小学校に卒業生が集まるとき、近いからと行ったら同クラスだった女子に泣かれたので、もうその小学校には立ち寄らなくなった。
もっと明るい青春時代を過ごしていたような気がするが、振り返ってみると思ったより暗いな。ま、今が輝くほど、後ろに残るのは影だけなんだよね。

 

東京レース場。
早速テイオーがダービーへ出走。誰もマスクを付けていない景色って、いつの間にかとても新鮮に見えるな…。もちろん時流に乗ってマスクをする必要はない。
実況紹介されるが、なんかちょっとリアルに寄せた方の女性の…声に張りがないというか? 安物のマイク使ってるYoutuber的な? 声優じゃないのかな、声優だったらほんとにすまん。
よく見たらこの美容室にもメニュー表が記載されていた。さっきのシーンにも合ったのかな? ぼったくりはちみつ移動販売と比べて、こちらは美容室としては普通の価格になっている。
ウマ娘カットは多分、ウマ娘はこのコースだよってことで、ウマ娘みたいにカットするわけではないよな?(ウマ娘みたいなカットって何?)
耳あるから普通のカット方法と違うだろうし、やっぱり特技のない人類と比べて人口、ウマ口が少ないだろうから、割高になるのも致し方なし。でもそうすると、やっぱウマ娘って金持ちだな、或いはウマ娘補助金とかあるのかもね。
取り柄のないホモサピエンスより金が掛かりそうだしね。もしくはトレセン学園の学生証で割引効くとか…(つまり、学園所属でないウマ娘は普通に割高。)
あっしは野郎なので2,3か月に一回、はちみつドリンクより安い床屋で切ってもらう程度で済むけど、容姿気にする人は1か月とか、2週間に1回とか、そういう頻度で行くのかしら? 乙女になったら考えます。
登場?お披露目?はパドックの扱いなのかな。日本ダービーは1番が一番勝率高いんだっけか、まあ外枠得意付ければスピード上がるので勝てるっしょ。緑スキルだから安いよ。
地下の道…って名前があるのかな。実際の競馬でも馬はここを通るんだよな。ただ、東京の地下はなんかあるってんで、ここを通ると体調を崩す馬が珍しくはない程度に居るらしい。
アプリのスキルでG1苦手とかどういうことよ? と思ってたけど、空気にあてられる、みたいな現象は実際にあるものね。ま、そうでなくともG1は観る人多いから苦手ありそうに説明はつくけども。
そして選手入場。あ、こっちがパドックミスターシービーって、アプリ側のキャラクター一覧に居たっけ? これは実際に居る馬の名前だから、いずれは出てきそうだけど。と思って見に行ったらキャラクター一覧にはいた。
でも、サポートカードにも育成ウマ娘のストーリーにも出たことない気がするなぁ。見逃してる説もなくはないけど。
シガーブレイドの髪の毛がハートにテカっているのがちょっと気になる。実際の馬がそうだったように、ウマ娘でも反映してメッシュの子がかなり多いけど、元ネタの馬はハートマークの模様ついてたのかな。やんわりと検索すると、額にハートマークのある馬の画像が引っかかったので、無くはないっぽい。
お、ここでチームリギルが登場。グラスとエルは何となくスペちゃんと同じだろうと思ってたけど、そういえばスピカには居ないので意外だった。タイキデカくね? 「何よおハナさん」ってセリフ、ほんのりカマっぽくてウケるな。
田んぼでアンテナ立ててまでテレビ見てるの、熱量がすごすぎるな。競馬のおっちゃんと言えば馬券だか新聞を握ってラジオ聞いてるってステレオタイプあるよね。ビール瓶ケースに座ってるおっちゃんがテレビに近くて後ろの人見えないだろ…。
ゲートからでも歓声すごい。これ並大抵のメンタルだとこの圧でKOですわ。声援受けるような舞台に立ってこなかった人間としては、こんな場所で今まで通りにゃ走れんよ。現実の馬がゲート入り嫌がるのもちょい納得。
一緒に走るウマ娘は全員オリジナルかな? 知ってる顔はない。
サラっとスペちゃんの隣にチームではないウンスが。口ぽかんとしてて可愛い。
ゴルシはルービックキューブを弄っているけど…高校生の頃ワイもめちゃめちゃルービックキューブにハマったな。買ったままだと滑りずらいからまず分解してメンテして回しやすくして、
授業中もずっと机の下でカチャカチャやってタイム更新を狙っていた。だから一番の大舞台でゴルシに向かって、なんでルービックキューブやってんだ、なんて言える立場にない数少ない人間なんだな。
3x3はよくやったけど、4x4以降はあんまりハマらなかったな…どうして3x3が主流なのかはよく分かるわね。回し方さえ覚えれば揃えること自体は意外と簡単で、回しのパターンも確か4,5通りしかなかった気がする。まあちょうど良い塩梅というわけ。

 

レース開始。
ゴルシのゲート難をダスカに指摘されるけど、ルービックキューブに夢中なので特に見ていない。
テイオーとマックの競り合いシーンでもあった、3Dと2Dの境目のような作画がここでも描かれている。これどうなってるんだ?
マルゼンスキーの言葉…ダービーは最も運のあるウマ娘が勝つ。今こそ18頭立てだけど、昔はとりあえず出られるだけ出てた(30頭くらい?)の名残よね。
まあそれでも、アプリでダービーやジャパンカップは他のレースと比べて明らかに揺れるから、ラック要素強めに出ている…という肌感覚はあるなぁ。
究極テイオーステップを外枠から決めてテイオーの勝利。アプリでもこれやってくれぇ…。スズカみたいに寝落ち寸前でこういうの見てると、翌朝起きたとき自分が何してたか覚えてないんよね。自分が体感したことではないような…。
最近のアニメなーんも見てないから知らないけど、紙吹雪キレイだな。テイオーは会長のピース。ちなみにハルウララは勝利したときに5本指を掲げるので、5冠狙ってるんですよね。笑顔の裏に凄まじい野望があるけど、数を数えられていない説は大いにあるよね。
テイオーが左足に違和感を覚えつつフェードアウト…これが故障フラグか。

 

ウイニングライブ。
あ…走った直後に踊るの大変だよなと思ってたけど、昼の部・夜の部みたいにちゃんとなってるのか。まあそりゃそうか。全員ヘロヘロで歌って踊ってるのもそれはそれでおもろいけど。
winning the soul! 客の歓声がめちゃめちゃ響く。ンホホホホでアニメ見るの、よく考えたら初めてだし、今までのもこんくらい音量の圧ある作品あったのかもなぁ。
アニメだとトップ3以外は出演することもできないのか、まあ…正直負け組バックダンサーやらされるよりこっちのが温情よね。負けたレースで踊らされるの心折れちゃうわよ。
この曲は全体的にマイクパフォーマンスが好き、振り回すのとか、ちょっとえっちな手つきでマイクを扱うのとか。曲は…アプリで聞けるやつの中でトップクラスに好きというわけではないけど、踊りは2番目に好き。1番は本能スピード…いや、本当はオープニングが一番好きなんですけど、はよライブで見せて欲しい。
この曲、「そこから始まるstory」の指のポーズと、「果てしてなく続くwinning」で出てくる謎メーターは何なんですかね? 特に謎メーター君が気になります。
曲の途中、会長とトレーナーだけが左足の故障に気付いてエンディング…。ここで「トウカイテイオー」は激熱演出だな、しびれる。これ見るとwinnnnnning the soulはテイオーの曲って言われても納得やね。

 

1話はここでおしまい。今回はライブ曲だったけど、エンディング曲は毎回変わるのかな? オープニングも最初は流れないんだ。
1話見るのに6時間かかりました。おしまいだぁ。アニメってもっとサクッと見られるイメージだったけど、ゆっくり見てると1話分でも休日使わないと消化できんかも。
平日はお預けですね。いや、一回見た話をもっかい見ようかな。

 

終わり。